ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

福島・中国高校生交流事業「あいでみ」

【(NEW!)2017年12月、第6期生がクラウドファンディングに挑戦中!】      (※詳細はこちらをクリック!)

■経緯

 

あいでみ6期:村岡奈々(写真左)・長谷川恵海(写真右/代表)(2017年12月時点)

あいでみfacebookページ

  • 2012年、悪化する日中関係に危機感を抱いた福島の高校生チーム『あいでみ』(当時高校1年生だった笠井彩子・小林恵菜・鈴木瑞彩)の思いから始まった、福島と中国の高校生同士の交流から、日中関係を改善するための企画。2017年12月現在、6期メンバーがリードし、活動を続けています!

協力実績

(2017年度実績

  • 福島県教育庁社会教育課
  • 独立行政法人国際交流基金
  • 福島県上海事務所
  • 復旦大学付属中学
  • High School Pitch実行委員会

(2016年3月時点まで)

  • 独立行政法人国際交流基金
  • 福島県上海事務所
  • 福島県教育庁高校教育課
  • 福島県教育庁社会教育課
  • 公益財団法人福島県国際交流協会
  • KDDI財団
  • (株)チェリオコーポレーション
  • JTBコーポレートセールス株式会社
  • 復旦大学付属中学
  • 大同中学
  • 社会企業研究中心

活動実績

  • 2013年3月:上海の高校生10名(復旦大学付属中学・大同中学)と先生3名を福島県に招待した。スキーなどのアクティビティを通じたアイスブレイクを行った後、災害の影響を受けた福島県相双地区の現状を視察し、災害に備えるため何をすればいいのか、日中高校生によるワークショップを行った。
  • 2013年7月:独立行政法人国際交流基金「地域リーダー若者交流助成」に採択される。
  • 2013年12月:同助成により、中国・上海にて、福島の高校生13名と上海の高校生16名による交流を実施した。「社会的企業」「大気汚染の解決方法」というテーマについて日中双方がプレゼンテーションを行い、議論を交わした。
  • 2014年3月:復旦大学附属中学・大同中学の高校生がそれぞれ福島県を訪問し、相双地区の視察や、福島高校SS部(スーパーサイエンス部)の土湯温泉での取組み視察を行い、「あいでみ」の今後の交流について議論を交わした。
  • 2014年8月:第3期メンバー11名が加入し、復旦大学附属中学のメンバーと12月の渡航に向けてオンライン会議を始めた。
  • 2014年12月:第2回上海渡航交流を、福島の高校生15名と上海の高校生15名が行った。「食の安全」をテーマに、日中双方がプレゼンテーションを行い、議論を交わした。
  • 2015年6月:第4期メンバー9名が活動開始。
  • 2015年7月:復旦大学附属中学の高校生15名が福島県を訪問。「教育・進学」をテーマにプレゼンテーションを行い、議論を交わした。相双地区の視察も行った。
  • 2015年12月:第3回上海渡航交流実施。福島の高校生9名が渡航。「医療・食・文化・建築」をテーマにディスカッションを行った。
  • 2016年2月:第4期あいでみの報告会(@福島テルサ)を実施。【2015あいでみ報告書】
  • 2016年7月:復旦大学附属中学の高校生11名が福島県を訪問。福島県立福島高等学校で福島の高校生との交流を行い、議論を交わした。相双・会津地区の視察も行った。
  • 2016年12月:第4回上海渡航交流実施。福島の高校生18ねいが渡航。「教育」をテーマにディスカッションを行った。
  • 2017年  2月:第5期あいでみの報告会(@コラッセ福島)を実施。【2016あいでみ報告書】
  • 2017年  4月:第6期メンバーが活動開始。
  • 2017年  8月:復旦大学付属中学の高校生8名が福島県を訪問。福島県飯坂温泉街を舞台に「社会課題解決型ワークショップ/Y-PLAN」の手法を用いた、フィールドワークを実施。福島県社会教育課教育長をはじめ、飯坂温泉の方々へ「外からの視点(中国側)、若者の視点(高校生)からみた飯坂温泉の魅力」を報告しました。
  • 2017年  9月:第6期冬交流メンバー18名として活動開始。
  • 2017年  11月:High School Pitchクラウドファンディングサイトを活用し、クラウドファンディング挑戦中(詳しくはコチラ)

 

【あいでみ】上海渡航新規メンバー募集!

【参加者募集】第6期あいでみメンバーを募集します!!! 日中友好をめざして始まった「あいでみ」 次回活動内容である、第五回上海渡航に向けて私たちと充実した冬休みを過ごしてみませんか? 福島・中国高校生友好交流企画「あいで […]

【あいでみ】福島・中国友好交流事業「あいでみ」第5期生活動報告会を実施いたしました。

2017年2月5日(日)に、福島・中国友好交流事業「あいでみ」第5期生の活動報告会をコラッセ福島にて行いました。 「あいでみ」とは、2012年に悪化する日中関係に危機感を抱いた福島の高校生(当時高校1年生だった3名)の思 […]

【掲載情報】「あいでみ活動報告会」の様子を福島民友様に取り上げていただきました

2月5日(日)に行われた「あいでみ活動報告会」の様子を福島民友様に取り上げていただきました!2月7日(火)の朝刊14面に掲載していただいております。 福島県、中国の高校生の交流事業を行っている「あいでみ」。今年度は7月に […]

【募集!】あいでみ(福島・中国高校生友好交流企画)第5期メンバー 締切10月6日

福島・中国高校生友好交流企画「あいでみ」(http://bridgeforfukushima.org/koukouseip/aidemi)では、2016年12月に上海へ渡航する第5期メンバー(10名程度)を募集いたします […]

【4/24日曜12時報告会をします】フィリピン国レイテ島タクロバン研修【フィリピンにあいでみ】

  【報告会】フィリピン国レイテ島タクロバン研修【フィリピンにあいでみ】 ■2016日4月24日 12時開始予定 ■参加費 500円(高校生無料) ■場所 BFF事務所(福島市五月町2-22) 2016年3月9 […]

フィリピン国レイテ島タクロバン研修【フィリピンにあいでみ】について

■応募様式 01【募集要項】フィリピンにあいでみ(BFF)_160115v1 02【様式】参加承諾書_フィリピンにあいでみ_160115v1 03【様式】選考用様式_フィリピンにあいでみ_160115v1   […]

【参加者募集】2016.2.6(土)あいでみ報告会を行います!

福島・中国高校生友好交流事業「あいでみ」。 今年度7月の福島での交流、および12月の上海での交流の活動報告を行います。 是非、高校生の生の声を聞きに来てください。   【日時】2016年2月6日(土)14:00 […]

【あいでみ】復旦大学附属高校生15名、教育長表敬訪問

福島・中国高校生友好交流事業「あいでみ」で福島を訪れた復旦大学附属高校の高校生15名、先生2名が、福島県庁を訪問し、教育長を訪問した際の記事が以下webサイトに掲載されました。 ■福島県教育庁高校教育課のwebサイト h […]

【再募集:締切10月7日水曜】あいでみ第4期メンバー

福島・中国高校生友好交流企画「あいでみ」(http://bridgeforfukushima.org/koukouseip/aidemi)では、2015年12月に上海へ渡航する第4期メンバー(3名程度)を再募集いたします […]

11.29東大公開講座「福島の高校生が、日本を元気にする」で「あいでみ」が活動発表します

Bridge for Fukushimaのインキュベーションスペースを使用して活動している福島・中国高校生友好交流企画「あいでみ」メンバーの高校生が、東京大学で当企画をプレゼンします。ぜひお越しください。 参加申込が必要 […]

【あいでみメンバー始動!】

1年生の時に「福島にあいでみ」をはじめたメンバーも今年度からついに3年生です。 今日は昨年の企画の振り替えりをするとともに、これから「あいでみ」を引き継いていく後輩たちと今後のことについて話し合いをしました。 「どうして […]

【熱烈シェア&ドネーション希望】福島の高校生が企画!福島・中国高校生友好交流事業「あいでみ」

1年半前から縁あって母校である福島高校で、高校生による社会課題解決プロジェクト社会的課題を見つけ出し→情報収集→ビジネスプランを作り→実際にアクションをするプロセスに、ずいぶんと年の離れた後輩と楽しみながらかかわらせてい […]

【再々募集のお知らせ】福島・中国高校生友好交流企画「あいでみ」

福島・中国高校生友好交流企画「あいでみ」について、9月16日の再募集締め切り時点で応募人数が定員に満たなかったため、下記の通り再々募集を致します。   1 主催 一般社団法人Bridge for Fukushi […]

若者による実践型課題解決プログラム 関連ニュース記事

一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top