ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

ツアー申し込みフォーム

この度は私たちの企画している視察研修ツアー「ヒューマンツーリズム」にお問い合わせ頂きありがとうございます。
お問い合わせいただきましてから視察場所や語り部のほか、バス会社、食事、宿泊場所などツアー全体をご提案させて頂きます。お客様と被災地双方にとって実りあるツアーになるよう、内容お目通しいただき、ご記入ください。


【団体・グループについて】

・お申込みいただく団体・グループの名称
・団体のHP、FB、ブログなど
・代表者名

【ご連絡先】

・担当者名 必須
・電話番号
・e-mailアドレス 必須
・連絡がとりやすい曜日や時間帯

【参加人数】

・大人
・未成年の方
※保護者の承諾書が別途必要となる場合があります。
※避難区域内には現在も瓦礫や倒壊した家屋が震災当時のまま残されております。安全への配慮から、15歳未満の方は、避難区域への立ち入りをご遠慮いただいております。

【乗降車場所】

(基本的には、東京駅鍛冶屋橋と福島駅西口でご案内させて頂いております。仙台空港発着、仙台駅発着など、別途ご相談下さい。)

・乗車場所
・降車場所

【ご希望日程】

・集合日時
・解散日時

【ご予算希望額】

・1回あたり
・ひとりあたり

※参考:現在、ツアー運営組織継続のため、コーディネート料6,000円/参加者1名当り・日 をいただいております。その他語り部料(5,000円/語り部1名当り)、宿泊費(約8,000円/名)、バス代(約80,000円/日)などが費用として掛かりますが、ご案内時間・内容に応じて金額等ご相談ください)

【このツアーで得たいもの・目的】

(例:ボランティアとしての関わり方を見つけたい・NPOの活動現場を知りたい・沿岸部の事業者の現状を知りたい等)

【参加される方々の過去の福島との関わり(あれば)】

【具体的な行き先、当日行程のご希望(あれば)】

【食べ物のアレルギーのある方の人数と、その食べ物(あれば)】

【お身体の不自由な方・その他ご配慮が必要なお客様の人数と、その内容】


【必ずご一読下さい】ご参加いただく皆様へ
私達は、復興人材を獲得すべく、2011年3月の地震・津波・原発事故により甚大な被害を被った福島県相双地区の現状を広く県外の方と共有するため、現地で挑戦を続ける「ひと」を紹介し、福島のファンを増やす取組みとして視察研修ツアー「ヒューマンツーリズム」を2012年より続けてまいりました。ツアーでご紹介差し上げる方々は、「少しでも相双地区の復興を加速させるため」との思いで、悩みながら言葉を紡ぎ、皆様に現状をお伝え差し上げております。「ヒューマンツーリズム」でご紹介差し上げるお話、および配布される資料の内容、テキスト、画像等を各種メディア、資料等において使用される場合は、Bridge for Fukushimaへ必ず事前にご連絡いただきますよう、お願い申し上げます。 また、当ツアーは行政等から公表されている資料や現地事前調査等に基づき、細心の注意を払って企画・実施致しておりますが、訪問先は地震・津波・原発災害の影響を受けた被災地域であるため、天災その他の不測の事態に伴い、コースが変更となる場合がございます。

一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top