ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

【募集中】100年続く老舗菓子店。ホワイトデー商戦に向け、新しい視点で集客イベントプロデュース。

「今までにないホワイトデー企画を作りあげ、集客イベントの復活をめざす」

お客様と楽しく接しながら、なおかつ情報分析ができるのは、何といってもイベント!このホワイトデーに向けた集客イベントを企画し、老舗菓子店の今後につながる戦略を一緒に考えていける人材を募集します!

<特徴>
■震災前と震災後で変わった売れ筋商品
松月堂の不動の人気を誇るのは、「何個でも食べられてしまう!」との声も聞こえる「流山まんじゅう」。それだけでなく意外な売れ筋商品は「舞茸おこわ」で、南相馬SAの道の駅「セデッテかしま」にも置かれるほどの人気商品です。季節ごとに多くの商品を並べるこの松月堂は、南相馬市・相馬市に4店舗を構えています。震災から7年がたとうとする中、相双地域にはいまだ多くの問題が山積しています。松月堂でも、震災前後で売れる商品が変わってきました。その理由を探りつつ、プラス思考でこの先を見つめながら、お客様に喜んでもらえる商品を日々作っています。

■30年後にも通じるお菓子屋の戦略作りを
次に売れる商品だけでなく、次の次に売れ出す新商品は何だろう。常にそこまで見通しながら、商品サンプル作りを行っています。お客様が喜んでくれることも大事。経営者としての目線を常に持ち続けることも大事。震災で大きく変化してしまった南相馬市で、後継者を育てることや、増え続ける高齢者に対応するサービスを提供することも課題です。「30年後にも通じるお菓子屋の戦略作り」を、日々のお菓子作りと同時にチャレンジしています。

■震災後、開催の機会が減ったイベントを復活させたい
震災前、松月堂では季節に合わせたイベントをたくさん企画・実行してきました。例えばバレンタイン。商品を売るだけでなく、店内のオープンキッチンで一緒に料理しながら楽しむイベントを企画し、たくさんの人にお菓子を食べる以上の楽しさを提供してきました。これまでの過去最高参加人数は50人にも上ります。現在、そのイベントを復活させるにはどうしたらいいか、挑戦を続けています。どんなイベントをしたら集客できるのか。南相馬という地域の抱える課題に見合うイベントとはどんなものなのか。イベントを一度きりで終わらせないためにはどんなノウハウを伝えればいいのか。常に模索しています。


<仕事内容>
ホワイトデーに向け、人を呼び込めるイベントを企画して実行します

●ステップ1 まずは町とお店を知ろう
南相馬市の現状を知り、お菓子を購入するお客様の客層をつかむ。どんなお客様が来店し、どんなものを購入するか、接客を通じて理解する。

●ステップ2 イベント立案のアイディア100本出し!
お客様の動向やニーズを踏まえ、ホワイトデーにどんなイベントを企画すればいいかアイデアを100個出す。そのアイデアをさらにブラッシュアップし、実行可能なプランについては社長・従業員にプレゼンする。イベント開催の場所、内容、対象、時間、PRの方法など、どんなターゲットに向けて、どんな目的をもって開催するか、アイデアを固めていく。

●ステップ3 実行に向けた準備を進める
固まったアイデアをさらに具体化する。お客様を集めるための広報、レシピ準備、実際にお客様を受け入れる体制作りをする。

●ステップ4 イベント実施
3月14日のホワイトデー当日(もしくは前日)にイベントを実行する。実行後には従業員の方に成功要因・失敗要因を伝え引き継ぐ。


<期待する成果>
・集客を見込んだイベントの企画・実行
・菓子店の今後の戦略作りに役立つノウハウの蓄積
・震災からの復興途中の地域への理解


<得られる経験>
・老舗菓子店での接客や経営を通して、復興をめざす地域について深く知識を得られる
・集客イベントの立案から具体的企画、実行までの一連のプロセスを経験できる
・コミュニケーションスキルを磨くことができる
・食品小売業の経営戦略作りに携わることができる


<対象となる人>
・接客を通じたコミュニケーションを楽しめる人
・集客につながるイベント企画を楽しめる人
・接客を通じて、お客様のニーズなどをつかめる人
・食品・小売業に興味がある人
・将来、小売業(特に食品)関係の家業を継ぐ人


<活動条件>
【勤務期間】
2018年2月18日(日)~2018年3月17日(土)の4週間
【勤務期間】
週5日以上(40時間/週) ※応相談

【勤務時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、実際は日によって様々)

【宿泊】
南相馬市での宿泊・滞在が必須(※宿泊場所は企業側で準備)

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※プログラムの内容については担当コーディネート団体(一般社団法人Bridge for Fukushima)までお問い合わせください。
■一般社団法人Bridge for Fukushima
■mail:bff_internship2017@bridgeforfukushima.org
■tel:024-503-9069


<活動場所>
福島県南相馬市店舗内


<活動支援金>
あり


<事前課題>
あり(詳細はインターン開始までに連絡)


<団体紹介>
南相馬で100年にわたりお菓子と笑顔を提供してきた老舗菓子店

小さなお子様からお年寄りのお客様まで、幅広い方々を笑顔にするお菓子を豊富にラインナップ。季節を彩る商品、相双地域の伝統を受け継ぐ商品、復興の願いを込めた商品などなど、さまざまな思いを込めた商品が並びます。震災で避難区域となり、閉鎖を余儀なくされましたが、お客様に喜んでもらえるお菓子を提供したい一心で再開し、現在も歴史を引き継ぎながら営業しています。震災後は建物の柱等が壊れたため、仮設店舗で営業しておりましたが、2013年7月にグランドオープンいたしました。


<インターン生へのメッセージ>

自分の好きなこと、得意なことを活かして、コミュニケーションを楽しみながら福島で頑張ってみてください。

有限会社 松月堂(福島県南相馬市鹿島区横手字八反田15)
取締役 高野 吉廣

一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top