ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

【募集中】果物を売るには、農業の楽しさを売る。くだもの名人と考える、農園ストーリー作成プロジェクト!

「四季の中で果物が育ってきたストーリーを、おいしさとともに伝えたい 」

菱沼農園には本当に美しい春夏秋冬があります。その四季の中で果物は花を咲かせ、実をつけ、赤く大きく育ちます。その1年を紹介しながら個人購入数アップにつながるPVを、若い感性を活かして作ってください。

<特徴>
○フルーツ王国福島にくだもの名人あり
さくらんぼ、もも、りんごなどの果物がたわわに実る、フルーツ王国福島。その福島市で農園を営む菱沼さんは、知る人ぞ知るくだもの名人です。子どもを育てるようにコミュニケーションを取りながらさくらんぼを栽培し、試行錯誤を重ねて独自の栽培方法を取りながら、こだわりのももやりんごを実らせます。これまで菱沼さんは農園のホームページで、品種説明だけでなく、保存方法、レシピ、栄養価などさまざまな情報を提供してきました。その軸にあるのは「楽しい!を伝えたい」という思い。明るい動画、注目を浴びる動画を通じてそれが伝わることが、おいしい果物を手にしてもらえるきっかけになると信じています。

○果物に込められたストーリーを一緒に届ける
例えばさくらんぼ。「佐藤錦」と書かれてお店に売られていたら、それはただ佐藤錦という商品でしかありません。それではおもしろくありません。誰がどう育てて、どんな花が咲いてどんなふうに実が大きくなったのかを伝えられたら、よりおいしく食べてもらえるのではないでしょうか。さくらんぼの育った果樹園の明るさや楽しさが伝われば、手にした消費者の笑顔につながるのではないでしょうか。そのストーリーを込めて商品を届けることが菱沼農園の願いです。

○「楽しい!」の気持ちを若者目線から伝えたい
震災後、生産をあきらめる果樹園農家もあった中、菱沼農園はそうした畑を借りて栽培地を広げてきました。しかし何といっても果物は食べてもらえたもの勝ち。そして食べてもらうには、菱沼農園の「楽しい!」の気持ちを受け取ってもらうことが大切です。今回のインターンシップでは、その楽しさを表現するお手伝いをお願いします。サイトにアップする動画のネタを、若者の完成を活かして集め、生産者の思い、果物のおいしさ、農園の四季の美しさなどを盛り込んだ楽しいPV作成をお願いできるインターン生を募集します。 作成した動画は随時「hishinumaTV」にアップ!


<仕事内容>
農園からストーリーを見つけて発信する上で、入れるべき情報は膨大です。菱沼さんのこと、福島のこと、果物のこと、土地のこと。そこからうまく選択しながら、おもしろい動画を作ってくれることを期待します。 最終的に求めるのは農園の1年を伝えるPVです。インターン期間が終わっても、PV作成のためにできることを従業員さんに伝え、動いてもらわなければいけません。自分でプロモーション動画を作るだけでなく、役割分担などを踏まえてのディレクション能力も得られるプログラムです。

【ステップ1】 ○飯坂町と菱沼農園を知り、魅力発信を開始!
菱沼農園の仕事を実際に手伝ったり、従業員さんに話を聞いたりして、農園の実状を知る。 飯坂町を歩いて、どんな地域かを見て知る。
農園の魅力をできるだけ探し、動画アイデアを出してストックしていく。

【ステップ2】 ○魅力発信&企画提案書作成スタート!
この時期は果物が実際に育っている季節ではないので、加工品を使ったレシピや果物の食べ方など、季節を問わず楽しめるネタを探して動画をアップしていく。
2週目の最終日に、PVのコンセプトについて園主の菱沼さんとコーディネーターに提案&プレゼンテーションをする。

【ステップ3】 ○ストーリー作成のための計画提案書作成!
1年後のストーリー完成のため、従業員さんたちがどうすればいいかが分かる絵コンテやスケジュール、指示書などを作成する。


<期待する成果>
・農園や農作物の魅力をストーリーにして紹介する
・農業従事者ではない視点から、菱沼農園の四季の美しさをPRする
・効果的に農園をPRするためのノウハウを蓄積する


<得られる経験>
・農業の現場を知り、現状を学べる
・顧客開拓をめざしたプロモーション作りのノウハウが身に着く
・一つの商品をいろいろな切り口から売り込むノウハウが身に着く
・自作のPVに対する反応を得られる


<対象となる人>
・楽しく活動できる人!
・動画作成のスキルがある人
・プロモーションに興味がある人
・農作業のおもしろさを積極的に発見できる人
・将来、農業に携わろうと考えている人
・農園の人たちと積極的にコミュニケーションが取れる人


<活動条件>
【勤務期間】
2018年2月18日(日)~2018年3月17日(土)の4週間
※※3月3日〜4日は、地域コーディネーターや他のインターン生と共にリフレッシュ研修を行う

【勤務期間】
週5日以上(40時間/週) ※応相談

【勤務時間】
9:00~18:00(※基本はこの時間ですが、実際は日によって様々)

【宿泊】
福島市飯坂町/飯坂温泉街周辺※コーディネーターが準備

【このインターンシップは、復興庁主催の「復興・創生インターン」プログラムです】
・東北内での複数のインターンプロジェクトとの集合研修(事前・事後等)を予定しています。
・自宅から現地までの交通費(往復1回分)が支給されます。
・宿泊場所は現地で準備しております。宿泊代はかかりません(シェアハウス等を予定)。
・食事代等として1日850円が支給されます。

※「復興・創生インターン」は、復興庁事業「伴走型人材確保・育成支援モデル事業」として実施します。

※プログラムの内容については担当コーディネート団体(一般社団法人Bridge for Fukushima)までお問い合わせください。
■一般社団法人Bridge for Fukushima
■mail:bff_internship2017@bridgeforfukushima.org
■tel:024-503-9069


<活動場所>
福島市飯坂町/菱沼農園(福島県福島市)


<活動支援金>
あり


<事前課題>
・菱沼農園の取り組みについて調べる。
・ホームページを立ち上げている農園が他にあるか、どんなホームページを作っているかを調べてくる。




<団体紹介>

たくさんの人に、おいしい果物をもっとおいしく届けたい

9ヘクタールの広大な畑で、さくらんぼ、もも、りんごを栽培しています。自慢のももの種類は20種類以上にも。何より伝えたいのは、これらの果物を育てるのは木や土といった自然だということ。私たちはそれをお手伝いしているだけなのです。その中で、果物のおいしさや安全を引き出せるよう努力しています。ただの商品としてではなく、四季に生かされて育つ果物として消費者の方々に届けたいと思っています。農園の取り組みや果物の魅力を伝えるため、ホームページやTwitter、Facebook、Instagramなどの情報発信ツールも活用しています。


<インターン生へのメッセージ>

歳は取っていますが、頭も考え方も柔らかいです。最近興味を持ったのは、大阪の高校生が躍るバブリーダンスや吹奏楽の動画。一緒におもしろい動画を作って、「楽しい!」を伝えましょう!

株式会社菱沼農園
代表取締役 菱沼健一

一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top