ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

こうた君

20120613_001.JPG
こうた君。
写真の左側に映る青年のお名前です。右側の番場先生と二人三脚で大学受験を突破し、今は玉川大学農学部で頑張っているそうです。
今日は、この番場先生を訪ねました。
南相馬市原町区にて学習塾を経営していらっしゃる彼女ですが、震災後、生徒は全員が避難。学校再開のメドもたたず、もう学習塾は再開できないだろうと考えていらっしゃいました。
しかし震災直後の4月、「番場先生に教えてもらいたいんだ」と舞い戻ったのが、こうた君でした。
こうた君の自宅は津波で”流失”。基礎すら残りませんでした。
番場先生は塾をこうた君のためだけに再開、その後、学校が休校中で学習がままならない子供たちも受け入れ授業を行いました。
震災後こうた君は、行動理念のようなものができたと、番場先生に語ったそうです。
『「一日完結」。明日はどうなるかわからない。今日できることを今日やろう。』
番場先生は今、不安を抱える若いママが気軽に相談ができる場所をつくろうと、「ベテランママの会」を結成し、頑張っています。Bridge for Fukushimaも、番場先生を支えられればと思います。


一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top