ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

今日から始まる

多分今日から何かが始まると思うので、ブログを始めたいと思う。

今日は、K村氏とK藤氏と父との4人で、新地町・相馬市・南相馬市の3つを廻ってきた。

何度か南相馬市には足を運んでいたが、新地町・相馬市ははじめて。

何度もニュースで流れていたが、新地町の駅。鉄道の線路が完全に歪み、電車がありえんところに転がっている。そして、駅を歩くと学生のものと思われるノートや筆箱が。どうかこの持ち主の方が生きていて欲しいと心から思う。

そして、僕が小さい頃に来た記憶のある相馬市の松川浦。旅館街はなんとか形を残しているものの、海の浅瀬にマイクロバスが浮いていたり、家の上までヘドロがあったり。

とにかく津波の被害の悲惨さを改めて感じるとともに、何か今やらなくてはいけないと言う衝動に突き動かされる。
帰りの車の中で、とことん話し合った。

僕らのkey word は、
■長期的に支援が出来るボランティアのお皿作り
■Social Mediaを使ったボランティア集め
■企業・プロボノを巻き込んだ母体
■新しい形の支援作り
■20人程度の規模感を持った。
■何でも屋さんのボランティア版?
■避難者の人の雇用としても考えられる?
とにかく、チャレンジになりそうだ。


一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top