ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

大学に通いながら正社員として働きたい人を募集します

大学に進学したいと考えているものの、様々な理由で進学を断念した・躊躇している人を対象に、夜間コースの大学に通いながら働きたいという人を募集します。奨学金を借りるとしても返せるかが不安、あるいは、社会に貢献する仕事をしながら大学に通いたいという方にぜひご応募いただきたいと考えています。

社会問題の解決に興味関心を持った人が多く集まる職場です。将来的にそのような仕事に関わりたい、あるいは将来については決めていないが社会に関心があるという人にはお勧めです。

大学を卒業する4年後には、大学に通いながらBridge for Fukushimaで働くことで、様々な社会課題に触れること、またその解決手段を身に着けることができます。応募する方には、大学での学びとBridge for Fukushimaでの学びを統合することで、自分のやりたいことを見つけ、卒業後に更なる飛躍を遂げることを期待します。

※この求人は一般社団法人Bridge for Fukushimaが単独で行っているものです。福島大学の入学プロセス等には一切関係がありませんので、大学に入学するためには、大学が実施する入学試験に別途合格する必要があります。

Bridge for Fukushimaとは?
 Bridge for Fukushimaは、主に福島県内で活動を行っているNPOです。NPOとは、社会の現場に非常に近い位置で社会課題を解決するための組織です。そのNPOとして、Bridge for Fukushimaは、①未来の日本をけん引するような若者の育成や、②地域の活性化に向けた取り組み、③他のNPOが円滑に業務を行うための支援などを行っています。

事業の性質上、高校生、大学生、企業の方など様々な方が出入りするので、日々社会課題や事業についての議論が、活発に、にぎやかに行われる職場です。

福島大学(夜間主コース)とは?
 夜間主コースとは、日中働いている社会人も大学で学ぶことができるよう、夕方ごろから授業が始まるコースのことです。また、福島大学の夜間主コースのアドミッションポリシー(大学の入学者受け入れ方針)は、「現代社会が直面する問題を解決するための、あるいは人間性を探求するための、新しい教養を求めようとする学生を受け入れる。」です。福島大学の夜間主コースの主な特徴として、学籍上の扱いは昼間と同様であること、入学料・授業料が昼間コースの半額になることなどがあります。
☆福島大学HP(http://www.fukushima-u.ac.jp/guidance/presentculture/)より作成

募集要項
<求める人材>
・大学で学びながら、将来に向けてスキルアップをしたいと考えている人
・社会課題の解決に興味関心がある人
<仕事内容>
・事務作業(スキルアップや意欲に応じてプロジェクト等の運営を行ってもらうことも検討しています。)
<勤務形態>
・平日09:00~15:00、土日10:00~17:00、昼休憩1時間有、週休2日制
勤務日時は学業予定や団体のイベントにより個別に調整しますが、連続2日で休暇を取れるように想定しています。大学の長期休暇中は勤務時間を変動させることも検討しています。
<勤務地>
福島市五月町2-22(JR福島駅から徒歩5分 駐車場有)
その他、イベント等で別の場所になる場合有。
<雇用形態>
限定正社員
<給与>
月14万円~(能力等に応じて決定)
<福利厚生>
社会保障完備、研修制度あり。交通費支給。
<選考>
書類+面接2回程度実施。詳しくは以下の図を参照してください。
<応募締切>
2017年11月30日
<応募方法>
「Bridge for Fukushima限定正社員応募書類」に必要事項をご記入の上、info@bridgeforfukushima.orgまでメールにてお送りください。その際、件名は「限定正社員応募の件(ご自身の氏名)」としてください。
※書類の記入はパソコン、手書きのどちらでも構いません。

選考プロセス
~11月30日  メールにて応募
~12月上旬  一次審査(書類)
~12月中旬  二次審査(面接)
~12月下旬  最終審査(面接)・仮内定通知
1月15~18日   大学へ願書提出
2月16日     大学合格発表・内定通知

・この求人は一般社団法人Bridge for Fukushimaが単独で行っているものです。
・福島大学の入学プロセス等には一切関係がありませんので、大学に入学するためには、大学が実施する入学試験に別途合格する必要があります。
・審査の日時は目安です。応募のタイミングによって早まる場合があります。
・居住地が遠方の場合、二次面接を電話面談等にすることも検討します。
・最終審査の際、場合によっては保護者の方の同席をお願いする場合もあります。
・最終審査の後、仮の内定通知を発行します。大学への合格が確認でき次第、正式に採用を決定します。

<参考>月収14万円の場合の収支計算
※金額はあくまで推定です。また社会保険料や税金、授業料等は変更の可能性があります。必ず最新の情報を確認するようにしてください。
<手取り所得>
月額:約118,000円
年額:約1,416,000円
※14万円から社会保険料や税金等を差し引いた額
<学費>
月額:約26,000円
年額:約312,000円
※福島大学夜間主コースの年間授業料267,900円に教科書代等の必要経費を概算した額
※他に検定料10,000円、入学料141,000円、諸会費108,000円が入学の前後に必要(一定の条件で免除規定有)
※入学料等の支払いのために給与を前払いすることも場合によっては検討します。(要相談)
<生活費>
月額:約60,300円
年額:約723,600円
※大学の寮(寮費月額:4300円)で暮らしをした場合を想定(ただし寮に入るためには選考があります)
※光熱費5,000円、通信費10,000 円、食費15,000 円、雑費5,000 円、娯楽費20,000 円で想定
<収支>
月額:+約26,000円
年額:+約312,000円

お問い合わせ
この件に関するお問い合わせは、info@bridgeforfukushima.orgまでお願いします。


一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top