ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

【参加者募集】もっとTOMODACHIプロジェクト  

【参加申込受付中】もっとTOMODACHIプロジェクト

カリフォルニア大学バークレー校で開発された問題解決型のワークショップ「Y-PLAN」を使って、地域活性化について学ぶ2泊3日のプログラムです。

 

■日時  2016年9月17日(土曜)12時~翌々19日(月曜・祝日)16時。2泊3日。

 

■実施/宿泊場所  飯坂温泉 松島屋旅館(福島市)

 

■対象者  福島県の地域活性に興味がありアクションを起こしたいと思っている高校生(20名程度)

 

■参加費  3,000円(但し食費として)

 

■申し込み方法  ※申込期限9月1日(木曜)まで

 

  • フォームでのお申込み

下記のフォームよりお申込みください↓↓

https://goo.gl/forms/mh56yg8YkWYdWc9J3

 

  • メールでのお申込み

・氏名 ・所属高校名と学年 ・参加高校生自身の連絡先メールアドレス ・参加高校生自身の連絡先電話番号 ・自分の強みや長所 ・これまでの経験と関心のある分野(400文字程度)を記入し、以下へメールしてください。メール送信後、5日以内に返信がない場合、再度メールを送信するか、電話をして確認してください。

 

メール送信先  info@bridgeforfukushima.org

 

電話連絡先  024-503-9069(Bridge for Fukushima事務所)

 

 

 

〈プログラム概要〉

1日目 自分について知る・まちについて知る

―自分や仲間の強みを知ろう

―地元で地域活性化に関わる人の話を聞き飯坂温泉について知ろう

 

2日目 実際にまちを歩いてみて、考えよう

―実際に飯坂温泉を歩いてみて、まちをよりよくするためにはどうしたら良いか考える

 

3日目 よりよいまちのためにどうしたらいいか、まわりに話してみる。

-自分の考えを発表してみる

 

 

Y-PLANとは?

Y-PLAN(Youth-Plan,Learn,Act,Now)は、2010年にカリフォルニア大学バークレー校で開発され、現在では7ヶ国10都市で13000人の学生、150の教育機関がY-PLANに参加しました。地域活性に関わる方から話を聞き、実際にまちを散策することで地域の理解を深め、課題を発掘し、その解決のための方法を考え政策提言を行います。多くの人と関わる中でコミュニケーション能力を身に着けることが出来たり、開催地でも、若者の多様で新鮮なアイディアに触れられるなどのメリットがあります。

 

 

・Y-PLAN講師

牛木 力(うしき ちから)氏

 

カリフォルニア大学バークレー校環境デザイン学部卒業。TOMODACHIソフトバンクリーダーシッププログラムのカリキュラム作成や実行に関わり、インストラクターも務める。同大学内にある都市計画及び教育の連携研究機関の研究員。2016年より、島根県立津和野高校において、行政、地域住民、学校の先生が協働して作る形の地域探求型総合学習を企画。

 

 

【チラシ】

もっとチラシ表
もっとチラシ裏

 

 


一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top