ご支援いただいている団体・企業様
follow us in feedly

【浪江町、避難区域再編案策定】

昨日もワークショップで役場の方々に大変お世話になった、浪江町。
避難区域再編で、放射線量に応じて町を帰宅困難区域・居住制限区域・避難指示解除準備区域の三つに分ける案をまとめ、新年度からの実施を目指すことが、今朝の河北新報等で報道されました。

20130124_001
(引用:河北新報 2013年1月24日付朝刊)

思えば2012年4月16日、南相馬市の避難区域再編に伴い、同市小高区が避難指示解除準備区域となり、警察の警備が20km圏境から10km圏境へと後退いたしました。今回の浪江町の再編により、10km圏境はさらに後退し、双葉町の境まで立ち入れることになると思われます。
未だ上下水道は復旧せず、ごみ処理は進まず、震災直後の姿をとどめている小高区。
浪江町の再編が、小高区の復旧の光になれば幸いです。


一般社団法人 Bridge for Fukushima
[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069
Top