団体紹介

団体名

一般社団法人Bridge for Fukushima

設立

2011年5月

構成

理事2名(常勤1名、非常勤1名)、
職員6名(常勤3名、非常勤3名)
ボランティア(相馬基地で約30名)

活動地域

福島市、新地町、相馬市、南相馬市

所在地

[本部:高校生のためのコミュニティスペース palette]
〒960-8061 福島県福島市五月町2-22
TEL&FAX:024-503-9069

[相馬基地]
〒976-0152 福島県相馬市粟津字粟津35-5

[小高基地]
〒979-2103 福島県南相馬市小高区大井字深町76

団体のミッション

福島県(県北・相双地区)の抱える課題を解決するため、首都圏とのBridge(かけはし)になります。

団体のヴィジョン

1:国際緊急救援の経験を生かし、被災者の持つべき権利と責任(RBA=Rights-Based Approach)の考え方に基づき、
被災者の自らが主体となった支援活動を行います。
・ネットワーク構築
・保健医療サービス
・教育etc...

2:「新しい公共」の担い手として、既存の公益機関・民間セクターがアプローチできていない課題の解決に
取組める風土をつくります。
・NPO/社会的企業の後方支援
・新規事業へのチャレンジ

ボランティアツアーなどの実施

被災直後の緊急救援フェーズ
から始まった団体です

ボランティアツアーなどの実施

開発途上国の国づくりを行ってきた
メンバーが中心となっています